2017年9月7日木曜日

全ては波のせい

夏って終ってしまったんですか?
と会う人会う人に質問する日々が続いてます。
近頃生きている感覚がどこかいってしまいそうな、
ノスタルジックな気候で
事務所で流す音楽もどこか浮世離れした曲をかけて過ごしてます。




最近、地元の友達が曲を送ってきました。
彼とはサーフィンをする仲。
同じくらい滑舌が良くないので
雰囲気で会話をしたり雰囲気で遊んでます。
そんな彼が送ってきた曲は
一緒にサーフィンをしている時の内容を歌ったものでした。
あんまり波がなくてふと口にした
「あ〜今日は波がのっぺらぼうだわ。」
を歌ったもの。
もっと砕いていうと
波と彼と彼の好きな人の距離感がとても歯がゆく
聞いてると恋愛のサーフィン的なものです。

歌詞の中に、
”君の瞳の中の海に、僕は一人で飛び込みたいな”
というとてつもないフルスイングがあって
何回聞いてもニヤニヤが止まりません。


決して歌うのが上手いという訳ではないけど、
歌を越えて届くような胸熱なものを持っていて
誰かに聞かせたくなってしまいます。
そんな彼に掛ける言葉は
「伸び代がある。」
こんな人が周りにいると人生って楽しいよね。

この曲を聞いてはサーフィンしたいという
思いが募るばかりです。





あ〜人生の波に乗りたい。






深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...