2017年12月18日月曜日

何もかもある

マラケシュ滞在5日目。
社会的な条件から切り離され
いつの時代に生きてるのか分からなくなり
縦社会ならあっという間に
底に落ちてしまっているような人間になりました。苦笑


東京やヨーロッパの独特な張りのある空気でもなく、
東南アジア系のゆるい空気でもなく、
アメリカ大陸の陽気さでもない、
ヘビー級のノスタルジック土着性100みたいな感じ。


たぶん現代のマッハ級のスピードの進化に
ちょっとお疲れ様的な達観した方は
3日目くらいからモッロコの良さを感じるはず。








今回はYves Saint-Laurent展がマラケシュで
開催するというのを3年前に耳にし思いを募らせて足を運びました。
その前に、サンローランが愛したマジョレル庭園に。
ジャック・マジョレルという人が亡くなり、
サンローランが買取り綺麗にお直しをした愛情溢れる空間。





入り口の竹薮の登場は笑ったけど、
それからはサボテンを中心とした草花の庭園が広がる。
強い太陽光がサボテンの幾何学的な形状を地面に映し出し
一種のアートを作り出している。
そしてモロッコの超絶暑い夏を思うと
この庭園はとても涼しげで、何とも言えぬ気が良く感じる。
パリからの全てに逃避する所として、
ここは彼の落ち着ける心の拠り所だったんだろうな。




人は誰しも拠り所的なものが必要というのを友人と話していた。
それは人によって本当色々(宗教やお金、占いやお酒とかね)。
少なくとも何かを生み出す人間は
何かと戦い、分け分からず走り続けているから
心を鎮めることができる落ち着いた場所を必要としていて、
自分だけの特別な場所を作れたなら
とても幸せなことだと思う。





そんな事を思いながら、
サンローランのパートナーであるピエールベルジュによって
マジョレル庭園の隣に作られた新しいミュージアムへ。
モロッコの赤土の色を基調に
建築家スタジオKOの手が加わったモダンでスタイリッシュかつ
周辺の風土を生かした恐ろしくかっこいい建物に。



なんだろう、、この圧倒的な征服感。笑





中は残念ながら写真NG。
ここマラケシュはサンローランとピエール二人が
愛した土地ということもあり
一層愛が溢れる空間になっていた。


そんな訳でモロッコではただただ街を歩き回り、
ミントティーを飲みながら
あぁ今日も天気がいいな、
みたいな時間を噛み締めたのでした。









深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...