2021年12月30日木曜日

神インフレ



年末にヒップホップを貪るように聴いていた。

あんまり好んで聴かないジャンルだが、

混沌とした空気の年末に、普段口にしないような

ダーティーな言葉に触れると、自分の中の悪の部分が

共感してしまい妙に気分が良くなる傾向があった。

綺麗な言葉と汚い言葉、どちらが好きか。

そんな下らない質問の答えは、どちらも好きだ。

汚い言葉が存在する場所では綺麗な言葉の一粒が

より一層素晴らしい言葉になるからだ。

できるだけ綺麗な言葉を使いたいけど、

ここ一番はらわたが煮えくり返しそうな時は

やはりダーティーな言葉で表現する方が後々気持ちがいい。








今年を振り返ることはしない。

それは過去というのは未来より都合がいいからだ。

未来を変えようや、過去は変えられないなんていうのは

本当にどうでもいい。

今をどう生きるかで過去も未来の考え方や捉え方は変わるから

振り返るというより今を一生懸命に生きた方がいい。

何なら、一生懸命か?とか

人を愛せてるか?とか

学ぶことを怠けてないか?

みたいな常に自問自答できてたら振り返る必要はない。






今年も誤字脱字がひどかった。

お分かりだと思うけどこのブログは飲みながら音楽を爆音で聴きながら

喜びや怒りの感情に乗せてキーボードを叩いてる。

半分ナルシストの気持ち、半分芸人の気持ち

ちょっとの自分のスパイスをふりかけてたら

大体しょうもない内容になることは知っている。

それでもこんな時代に文字で構成されたブログを

見てくれている超絶愛がある方々のためにだけに

愛を持って向き合っているつもりだ。





誰かを愛するようになると、

自分の欠点や嫌な部分を相手にバレないようにはからう。

別に虚栄心や恥じらいというわけではなく

愛する人を傷つけないように努力していると捉えられる。

相手がいつか気づいてしまう前に何とか自分で直そうとする。

そんな感じで人はより良い人間に、

あたかも相手にとって神ような優しい存在に近づきつつ

人間は愛を持って成長するようだ。





先日、北風が容赦なく吹く人通りがない帰り道に

目の前に紙が落ちていたのでサクッと拾った。

それは諭吉だった。

神インフレだろうか。

何も考えずに友人と焼肉に行って9500円分食べた。

愛する人は成長するとい言葉が1ミリも掠めなかったが

残りの500円はコンビニの募金箱に入れて勝手に相殺した。






来年はもっと愛を撒き散らしたいっす。

今年も最後までお付き合い頂き有難うございます。

皆様に幸あれ。











WEB SHOP






https://kotona.official.ec/





深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...