2020年4月19日日曜日

忘れたくないこと


散歩をする。
すれ違う人々はマスクをしている。
マスクをしている人は人として認識ができない。
私の中で「人=顔」なのかもしれない。
マスクをするだけで、その人がどんな服装だったかも全く思い出せない。
顔というのは人を認識する上でとても重要だと感じる。




散歩をする。
犬を連れている人が前にいる。
犬が先頭しているから犬に連れられているみたい。
お尻が可愛い。
そうかこの飼い主はお尻を追いかけているのか。
追いこしたら犬に吠えられた。



散歩をする。
外に出られる唯一の時間のようだ。
まるで囚人かと感じる日もある。
晴れているだけで何か嬉しい。
少し歩くだけで自由になれた気がする。
ショーシャンクの空にのエンディングを思い出す。
無駄にお花とか空とか影の良い感じを撮ってしまう。
誰に見せる訳でもないのにね。



散歩をする。
マスクをしてない人がいる。
そうだ、これが普通だよな。
今がちょっと変なだけなんだよね。
自分もマスクを取ってみる。
肌に触れる空気が冷たくて気持ちいい。
夏もマスクって嫌だなと思う。



散歩をする
桜が散りかけている。
友達とお花見ができなかったな。
夜の公園でベンチに座ってビールを飲む。
10分で飽きてすぐに家に帰る。
かなり高い確立で遭遇する近所の友達が引っ越したのを思い出す。
いなくなって初めて悲しいと思った。



散歩をする。
ついでにスーパーに行く。
そら豆が好きで、毎日のようにオーブンでホクホクに焼いている。
竹の子ご飯も、菜の花のからし和えも、ふきのとうの煮付けもした。
ほぼ毎日料理をしている。
人がつくった想像を越える料理が食べたくなる。
近くのステーキ屋が営業していたのを思い出す。
行こうかと思ったがステーキは想像越えないなと厳しいジャッジをする。
kabiでお腹いっぱい食べて飲むのを想像したら泣きそうになった。
オープンしたら真っ先に行こうと決めた。



散歩をする。
前を歩いている女性二人が立ち止まる。
人の家の塀から生えているジャスミンに鼻を近づかせている。
何か胸が熱くなった。
彼女達がいなくなってから私も鼻を近づける。
甘くて優しい香りした。
サンタマリア・ノヴェラのジャスミンの香水が好きだ。
似合うと言われて嬉しかった記憶が蘇る。



散歩をする
人の家の壁が気になる。
どうしてこの色にしちゃったんだい。
うわぁこの石の使い方センスある。
この材質なんだろう。
タイル可愛いな。
いやいやこのウツボみたいなのどうしたんだ。




散歩をする。
植物を買って帰る。
どうしても枯らしてしまう傾向がある。
最初だけ愛を注ぐタイプのようだ。
名前をつけてみる。
「ケアヌ」にしてみた。
結構気に入っている。
でももう葉っぱを傷つけてしまった。
謝った。植物に。







部屋にいることが多くなって
散歩をし始めて忘れたくないことのメモでした。
散歩しなくていい荒れた生活に戻りたい。













WEB SHOP




深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...