2020年10月25日日曜日

安いラッキー

何で買い始めたのか分からないが

毎週スクラッチの宝くじを買っている。

今まで宝くじを買う人はお金をドブに捨てている

お金の価値が分からないアンポンタンだと思っていた。

購入金額は毎回1000円。

窓口のおばちゃんに1000円を渡し、アトリエにつくと

掃除をしてコーヒーを湧かしてからデスクにつき

宝くじを広げコインでゴシゴシとこする。

仕事しなよって感じだよね。









1ヶ月続けて感じたことはただ一つ。

テンションが少し上がるということだ。

なぜなら1000円買って、だいたい1400円とか2000円とかになる。

もうそんな小さな喜びをゲットし、朝スタートしてる。

気持ちコーヒー代を貰いに行く感覚かと。




宝くじのことを人と話してる時の事。

1等とか(1億円とか3億円くらい)当たったらどうする?

みたいなしょうもない話をしていると気づいてしまった。

例えば家が欲しいとか車が欲しいとか時間が欲しいとか聞くと

いやいや、それ頑張ったら手に入るもんじゃないのかい?と。

何を手に入れるにしても、本当に欲しいものって人は手に入れるために

工夫をしたり努力して手に入れるけど、

そこまで至らないのはたぶん本当に欲しいのではないなという結論になる。






あとコンスタントにお金を稼いでないと一瞬でなくなってしまう。

一瞬でなくすような気持ちのよい使い方ならいいけど

(人のために使うとか、アート作品買うとか、競馬に全部懸けるとか)

お金持ちの感覚になってしまって、少なくなってしまう過程も気づかず

身の丈に合わないチグハグな感じになって全てを失いそう。

よくある宝くじに当たった人の破滅の話。






スクラッチの良い所は1等の当たりの額が少ないこと。

100万とか200万とか。

良い意味で夢がない分、安いラッキー感覚を味わえると思ってる。

(イケメンに会う確立より高いよ。)






そんなグチグチ言ってる私も大金が当たったら

一応何が欲しいかなと考えてみた。

性格が悪いとよく言われるので「良い性格」が欲しい。切実に。。

お金で買える(変わる)んだったら教えて欲しい。

全力でそこに投資したい。

じっくり考えて手に入らないものが思いついた瞬間、

植木に水でもあげてみる。






今月末に引越しするけど引越し作業が嫌過ぎて

こんなしょうもないブログを書いてしまった。

今からレコード屋行ってディグってこよう。

良いレコードに会えるかな。

秋の夜に誰かに音楽をプレゼントしたい。










WEB SHOP






https://kotona.official.ec/






深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...