2020年5月10日日曜日

おざなりの花

やる気を出そうと思い、
久しぶりに風の谷のナウシカを7巻ぶっ通しで読んだら
ナウシカが優し過ぎて読み終えたら辛くなってしまった。
優し過ぎる人を見ると心配になってしまうし、
やる気の出し方を完璧に間違えた。
※やる気についての考察はこちら。




花屋がカーネーションで賑わっている。
母の日か〜となる。
親との関係って人それぞれだから
こういう半強制的な日は少し苦手だったりする。
屈折して捻くれてしまったが、
こんな私は母とはかなり仲がいい。
嬉しい事があれば電話するし、
大変なことがあれば電話するし、
感動したこがあれば電話する。
つまり結構電する。




先日の子どもの日には
「私の子どもに生まれてきてくれて有難う〜」
連絡があった。
もう生きている使命を全うしたのか私、
となったがこんな感じのやりとり。




そんな母は最近、本を読み始めたという。
今更かい〜と思ったけど、本を読み始めるタイミングに
早いも遅いもないよね。
私がどんな本を読んでいるのか興味を持ったらしく、
説明すると貸して頂戴となった。
本棚で母に向いてそうな本を探すと
一冊の本と久しぶりの再会をした。




「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」
この本はWEBマンガを適当に見ていた年前に
題名がエグいなと引っ掛かってしまい、
WEBで公開終了後に改めて本で買う事にした。





タイトルは誰にでも共感することじゃないかもしれないけど、
読むうちに作者の考えや個人的な事、親との関係性が
自分にもあるかもと想像するだけで、
もうね、訳が分からないくらい涙が止まらない。
他人事に思えなかったからかもしれない。
読み返した夜、母に送るか迷ったが
これは入れずに自分の棚へ戻した。
普通に考えてこのタイトルを親には送りつけれないわw




本を読む上で気をつけていることがある。
本を読む度に作者の考え方に触れ、真に受けてしまいがちで
最悪な読者になりそうだなといつも思う。
受け入れつつも、自分の考えとぶつけ合わずにいたら
本は腐ってしまいそうだよね。




毎年お願いしている花屋で花を送ろうとしたが、
今年は地方発送を受け入れてないというので
自分用に買うのに店内を見回ることに。
花を見ると、色や形などで判断してしまうけれど、
それ以前に「生」としてこの世にあることを
忘れてしまいそうになる。




帰りの道端で咲いている花を見ると、
この誰にも見られていないおざなりの花の存在が
とても愛おしく感じる。
そしてこの存在はSNSの世界では出会えないなと
最近つくづく感じ立ち止まっていた。
友達のことも知った気でいるかもしれない。








ナウシカにはなれないけど、
立ち止まって「生」に向き合い、
ドラゴンボールに出てくる元気玉みたいに
やる気を集めて生きたい…w





WEB SHOP



深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...