2020年5月30日土曜日

煩悩

愛することとはどういうことか。
友人と話しているとそんなことを考えてしまった。
愛するっていうと難しいから大切にすると言い換えてみたり、
どういう瞬間に愛が働くのかと想像してみる。



何をするかしないかによってのその人自身の考えより、
どうやら相手のことを置いてけぼりにしてしまって
うまくいかないのかいと感じてしまう。




愛の働く場所は善悪の彼岸のよう。
善悪の判断や道徳を完全に超越した場所にあって、
愛からなされることは全てここで起きてる。
だから愛が働くことは価値の判断や解釈が及ばないもので
本来なら客観的に他人がどうこう言う事でもないはず。




ただ一点どうしても気になってしまったのは
話し合うということ。
話し合うことは誰もがトライすることなのは承知だが、
実は話し合えてるようで話し合えてないというのが
ポイントだったりする。
それは人間都合のいい解釈をし、
何なら威圧的になったりマウントをとったり、
どうしても自分を大切にしてしまう。
悪気がないと分かってても、
熱くなってしまい相手とのバランスを忘れて人は鋭利になれてしまう。
本来ならそのままの自分をさらけ出し、
そのままを受け入れてもらえることを願っているのにもかかわらず。



暴力的な性質を持っているから攻撃をする訳じゃない。
誰かを苦しめたりやっつけるためでもない。
多分、自分の力がどれくらいなのか、
もしくは自分を正当化するために攻撃している気がする。
くだらんマックス。



男も女も自分が大切なのは変わらない。
変われるのが愛ってバーのおじさんが言ってたよ。
変われないと愛は手に入れられないのかい?
誰か教えてちょうだいな。
そのままの相手を受け入れる。
これがずっとできたらもちろんいい。
でもどこかでできない歯車のズレが起きちゃうから
戦争ってなくならないのよね。
こんな気持ちのいい季節、他人の愛を考えて
108種類くらいの煩悩のをラップで歌いたいわ。



ラップじゃなくてJohn butlerでも聴いて
海のような深い蒼を手に入れていきたいっす。











深爪

椎名林檎や宇多田ひかるを聴いていると 女性解放と言わずもがな人間解放的な 本当に自由に生きていいと背中を押され 生き物として自由の根幹の大切さをひしひと感じる暑い夏、 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 私事なんですが個人的に爪の白い部分が苦手で お仕事的にも料理をする衛生的にも...